MMTによる令和「新」経済論: 現代貨幣理論の真実

MMT・現代貨幣理論という言葉を聞いたことはありませんか?
経済学や政治に関して興味がある方であれば、最近は書籍やYoutubeの動画で知った方も多いはずです。

MMT・現代貨幣理論は実は2018年ぐらいから、急速に注目を集めている貨幣に関する経済学の理論です。現在主流は経済学とは、反対に近い考えをもとにした、貨幣・財政の考え方です。

MMT現代貨幣理論の有効性を解りやすい一冊!!

こんなことに疑問を持ったことはありませんか?

  • 日本は全然景気が良くならない
  • 年収が上がるどころか下がっていく
  • 20年以上デフレが続いているけど、デフレの原因は?
  • 消費税10%、また消費税が上がるのか・・・
  • 日本だけこの30年間経済成長をしていないのはなぜ

このような疑問を持たれた方は、「MMTによる令和「新」経済論: 現代貨幣理論の真実」という書籍を読んでみましょう。
京都大学の教授をされている藤井 聡さんが書いた書籍です。ニュース・情報番組などで見たことがあるかもしてませんが、ちょび髭の人が藤井 聡さんです。

※上記Youtubeチャンネルはマスメディアでは報道されない真実を伝えていますので、現在の日本が危機的状況であることを知るためにもおすすめします。

現在の日本の経済政策が、とんでもない間違った政策を20年以上にわたって続けられていることを知ることができます。またこれから日本がデフレを脱却して、経済成長をしていくことが可能な経済政策を学ぶことができます。

経済成長

現在と未来の日本を何とか良くしていこうと考えている方は、MMT・現代貨幣理論の有効性について学んで、正しい判断でご自身の1票を行使して日本を良くしていきましょう。

※注意するべきところは、反日思想の多数の政党がMMT・現代貨幣理論の有効性を導入しようとしていますが、騙されずに冷静に判断してください。彼らは日本を解体することを目的としています。日本の伝統や文化をしっかり残して、経済成長していけるような判断をしてくださいね。

書籍紹介

MMTによる令和「新」経済論: 現代貨幣理論の真実
発売日 2019/10/28
著者 藤井 聡
出版社 晶文社
内容紹介 「政府の赤字は、民間の黒字である」
「自国通貨建てで国債を発行する限り、財政破綻はしない」
「経済活性化のためには政府による積極的な財政拡大が必要」
経済学の常識を覆す主張で、いま世界で大論争を巻き起こしている「現代貨幣理論」(MMT)。
はたしてMMTは異端のトンデモ経済理論なのか? それともデフレ脱出・経済復活の切り札になるのか? 前内閣官房参与で、アベノミクスの問題点を知り尽くした著者が描く、実践的MMT理論入門にして、日本経済再生のシナリオ。
緊縮財政、消費増税、長期デフレに苦しむ日本経済を復活させる道がここにある。

MMT・現代貨幣理論の有効性について学びたい方は、下記から購入できます。
今までの日本の経済政策が誤っていたことを知っていただき、これからの日本の未来を良くするために、しっかりと読んで知識を付けて頂ければと思います。

おすすめの記事